R34・GT-Rでハイモースコート&ホイールコーティング&ドアエッジプロテクションフィルムをご利用いただきました(狭山市のI様)

ご利用データ

GT-R・ハイモースコート施工後のボンネット

GT-Rのコーティングもお任せください!

カーコーティングファクトリー得洗隊です!!

 

中古で購入され、キレイな状態を保ちたいとのことで、当社をご利用いただきました。

年式もある程度経過はしているため、パネルの淵やエンブレムの周りなどには水あかがたまっている箇所もありました。

それでも年式の割りに状態も良く、その良い状態を保っておきたいとのこと。

GT-R・ハイモースコート

ハイモースコートはジーゾックブランドのコーティングの中では最上位に位置します。

ハイモースコートはリニューアルし、これまではハイモースコートと言えば、「撥水コーティング」というものでしたが、「撥水タイプ」の「ザ・ネオ」と「親水タイプ」の「ザ・グロウ」の2種類を選択できるようになりました。

ザ・ネオは旧ハイモースコートの撥水性能と耐久性を更に強化したもの。

ザ・グロウは耐ウォータスポット対策として撥水性能を落とし、ツヤをこれまで以上にアップさせているのが特徴です。

 

今回は白いボディということもあり、ザ・ネオをお選びいただいてます。

 

研磨中の養生風景です。

リップスポイラーはマットブラックの状態なので、ポリッシャーが当たらないよう、マスカーで養生してあります。

GT-R・ハイモースコート施工中・研磨前

 

そして、リアウイング(リアスポイラー)の下にも入る小型のポリッシャーも使用し、細かい部分も研磨していきます。

GT-R・ハイモースコート施工中・細部研磨

 

フロントバンパーのインタークーラーの前やグリルの部分などもこの小型のポリッシャーを使用して磨き上げていきます。

GT-R・ハイモースコート施工中・細部研磨2

 

その他のボンネットもしっかりと磨き上げます!

GT-R・ハイモースコート施工中・ボンネット研磨

研磨し、塗装面を整えてから、脱脂をし、コーティングの塗り込みです。

ハイモースコートはベースコートの塗り込みが命で、ここでミスをすると、トップコートを塗り込んでもムラが発生してしまい、輝きを放つことができません。

 

施工終了後の写真が以下の写真です^^

ボンネットもツヤツヤに♪

GT-R・ハイモースコート施工後のボンネット2

 

リアウイングの細かな部分までテカテカに仕上ります!

GT-R・ハイモースコート施工後のリアウイング

 

そして、水あかが溜まりやすい「GT-R」のエンブレムや鍵穴周辺、ブレーキランプの淵の水あかなどもスッキリし、美しく仕上げます^^

GT-R・ハイモースコート施工後のリアエンブレム付近

GT-R・ハイモースコート施工後の右クォーターパネル付近

 

リアスポイラーの根元もキレイに仕上がってます!

GT-R・ハイモースコート施工後の左クォーターパネル付近

GT-R・ハイモースコート施工後の左フェンダーパネル付近

 

窓ガラスの淵にある黒いモールの淵も水あかポイントです!

この辺りもしっかり仕上げてあります!

GT-R・ハイモースコート施工後の左三角ガラス付近

 

そして、ホイールにもコーティング施工です。

拘りのGT-R純正ホイール。

このホイールもキレイに保つためにはコーティングが必須です。

GT-R・ホイールコーティング施工後の左前ホイール

GT-R・ホイールコーティング施工後の右リアホイール

 

そして、ドアエッジのプロテクションフィルムの写真を撮影してませんでした。。。

「ドアエッジ」とは「ドアの淵」ということです。

愛車に乗り降りする際、ご自宅の壁などに「コツン」と軽く当たってしまい、塗装が小さく剥げてしまった。。。なんて経験ありませんか?

そんな残念なことになることを防ぐことができるのが、ドアエッジのプロテクションフィルムです。

 

時々ドアエッジに分厚いシリコン製のガードやシルバーのガードをつけている車を目にすることがあると思います。

そういった目で見てわかるようなものは付けたくない!という方にはプロテクションフィルムがピッタリです。

透明フィルムでエッジを守るので、近づいて見なければわからないレベルです^^

 

 

>>ハイモースコートの詳細はこちら

>>ホイールコーティングの詳細はこちら

>>プロテクションフィルムの詳細はこちら

 

 

コーティングのお見積り・ご相談も受付中!
お気軽にご連絡ください

営業時間 10:00~19:00 毎週火曜定休