MENU

カーコーティングを通じてお伝えしたいこと

2011年に開業して以来、多くのお客様に支えられてきました。
カーコーティングファクトリーでは一貫して「お客様目線」「正直であること」「凡事徹底」を理念としてやってきました。
カーコーティングは施工するだけではなく、施工直後の美しさを保てなければ意味がありません。カーコーティングを通じて車の楽しさや本来のコーティングの意味をお伝えできればと考えています。

コーティングを施工する6つのメリット

カーコーティングを施工する6つのメリット

車はガレージ内に常に保管されていない限り様々な外敵から攻撃を受け続けています。その代表が紫外線や鳥フンなどです。
そういった外敵から愛車を守り、美しい愛車を保つためにはコーティングは必須となっています。カーコーティングを施工するは主に6つあります。

カーコーティングファクトリーが選ばれる6つの理由

選ばれている6つの理由

多くのお客様に選ばれるには理由があります。
お客様に安心してご利用いただけるよう、親切丁寧な対応はもちろんのこと、お預りさせていただく大切な愛車を店内で保管するなど、理由は様々です。

最新の施工ブログ

コーティングコラム

お客様の声(レビュー)

当社での「新車」とは、新車登録後3ヶ月以内のお車を新車扱いとさせていただきます

水をかけた時に水滴がコロコロと転がる状態をいいます。

親水性は水をかけた時に、水をはじかずにベターっとなるようなイメージのものをいいます。

撥水性は水玉がコロコロ流れ落ちる状態。親水性は水がベターっと広がる状態。

この両方の間の性質を持つのが、いわゆる「疎水性(そすいせい)」です。

当社のコーティング被膜は層を重ねる度に、被膜の厚みが増し、より深いツヤと膜厚感、強固な被膜を形成することができます。

層が厚いほど、深いツヤを保ち、洗車をするたびに輝き取り戻すことができます。

コーティング被膜の定着を強化するのがプライマーコートです。

このプライマーコートがあることで、コーティングの持続性が格段にアップするため、より良い状態を長期的に保つことができます。

「細部・開口部」とはドアを開けた時のステップやヒンジ部、パネルとパネル隙間、エンブレム周り、エンジンルーム周りなど細かな部分などを指します。

こういった細部にいたる部分までコーティングをガンで施工するため、細部にも水あかが付きにくくなり、細部まで輝きを保ち続けることができます。

ボンネットやルーフ、ドアなど塗装されているパネルを研磨し、磨き上げます。

当社では、塗装面の磨き方を塗装面を極力削らずに磨き上げる手法を取り入れているため、塗装(財産)を残しつつ、美しいツヤを手に入れることができます。

「細部・開口部」とはドアを開けた時のステップやヒンジ部、パネルとパネル隙間、エンブレム周り、エンジンルーム周りなど細かな部分などを指し、こういった細部まで研磨をし、磨き上げます。

こういった部分も磨くことで、ドアを開けた時やラゲッジスペースを開けた時、「ボディは輝いているのに、ステップがくすんでいる」、なんてことがなくなります。

「細部・開口部」とはドアを開けた時のステップやヒンジ部、パネルとパネル隙間、エンブレム周り、エンジンルーム周りなど細かな部分などを指し、こういった細部までを洗浄いたします。

こういった細部まで洗浄することで、細部のこびり付いてしまった水あかもスッキリします。