カーコーティングは「コーティング剤を塗り込めばツヤが出る」というものではありません。

コーティングを塗布する前の準備が重要になってきます。

塗布する前の塗装面がしっかりと仕上がっていなければそれなりの仕上りにもなってしまいます。

ボディの研磨

では、その「しっかりと仕上げる」の「しっかり」の部分は考え方が異なる部分でもあります。

カーコーティングファクトリーでは以下のように考えています。

愛車は財産です。

その財産を守るためのお手伝いができるのがこのカーディテイリングと呼ばれる業界です。

塗装面は厚みがありますが、無限にあるものではありません。

そして、愛車のボディに塗られている塗装も財産の一部です。

この財産を簡単に削り落としては財産を削っているのと同じこと。

この考え方が根本にあります。

何が言いたいのかわからないかと思いますので、以下の説明をご覧ください。

一般的なコーティング店の研磨方法

一般的なコーティング店

上図は塗装面の断面図をお考え下さい。

通常はカラー層の上にクリア層があり、このクリア層があることでツヤが増して見えるようになっています。

このクリア層は研磨の前は水あかが付着していたり、いわゆる洗車キズなど細かいキズがあることで、くすんでみえるようになっています。

これをキズが消えるまで磨き上げることでツヤが出る、という具合です。

カーコーティングファクトリーで行っている研磨

カーコーティングファクトリーの研磨

当店での研磨は上図のようなイメージです。

深いキズは消せないわけではありません。その時点でキズを消すことはできても、クリア層の残り方を見比べてみるといかがでしょうか?

大切な財産である車の価値を残すためにはどちらの研磨方法が良いのか考えた時、当店では、こちらの研磨方法の方がより価値を残せると考え、こちらの手法を選択することといたしました。

キズが残っているからといって、ツヤがでない、なんてことは全くありません。

クリア層を極力残しつつ、美しいツヤで愛車を輝かせます。

 

研磨で削り落とした分をコーティング層で賄えれば問題ないかもしれませんが、残念ながらコーティングではそこまでの厚みを出すことはできないのが現状です。

メーカーや車種により塗装面の厚みも異なりますが、ある時当社をご利用いただいたお客様からこんなお話しを伺いました。

 

NBOXをコーティング施工しようと別のコーティング店に相談したところ、「NBOXは塗装の厚みがないので、3回が限度ですよ」と説明を受けたとのこと。

 

このお話し耳にした時、ある意味ではしっかりと磨き込んでいるからこそのお話しかとは思います。

ただ、これで本当の意味でお客様の大切な愛車を守れていると言えるのでしょうか。。。

これでは、中古車を購入した際、コーティングは1回しかできない、なんてこともあるかもしれません。

 

カーコーティングファクトリーでは、こういった経験から、全スタッフが極力クリア層を残しつつ美しいツヤを出す磨き方を身につけ実践しています。

この磨きを実践することで、純正の塗装をそのまま残したいという旧車ユーザーも安心してご利用いただいています。

 

カーコーティングファクトリーについて