車にも花粉対策が必要って知ってました?効果的な3つの花粉の予防策

花粉が影響するのは人体だけではありません。

あなたの愛車は花粉対策できていますか?

花粉症・アレルギー

車に花粉が及ぼす影響とは?

花粉症の方にとって、花粉が多く飛ぶ春などは嫌な季節ですよね。。。

そんな花粉が車にも悪影響を及ぼすって知ってましたか??

車好きの方はご存知の方も多いと思いますが、黒系などの濃色車の場合、春になると、雨染みのような跡が気になってきます。

この春の雨染みは花粉のシミの可能性が高く、放っておくと手遅れになってしまうこともあるので注意が必要です。

その年の花粉の飛散量でも異なりますが、多いほど危険度が増していくと考えてください。

ちなみに軽度のものであれば、花粉の跡は夏になれば熱の力で消えてしまうこともあります。

ただ、ご自身で判断するのは危険ですし、何よりそのままの状態を消えるまで待たなければならない、という点が問題になるかもしれませんね。

花粉から愛車を守るための3つの予防策

やっかいな花粉跡ですが、正しい予防をしておくことで、防ぐことは十分に可能です。

その予防策を確認してみましょう!

花粉対策① こまめな洗車

花粉は1年中飛散していると言われていますが、特に気にしなければならないのは1番量が多いスギ花粉です。

ということは春。この季節は黄砂も飛散する季節であるため、特にこまめな洗車を心がけなければなりません。

晴れている日にたくさんの花粉が飛散し、塗装面に降り積もり、雨が降り、その後、晴れた時に塗装面に影響を及ぼします(>>詳しくはこちら

それでは洗車をするべきタイミングは、雨が上がった後がベスト、ということになります。

言うだけなら簡単ですが、なかなか難しいものです。

ただ、やはり何と言ってもこまめな洗車が一番の対策になるのです。

コーティングやワックスを自身で施工する

前項の通り、洗車をすることが基本ではありますが、洗車だけで保つより、コーティングで保護しておくことで、進行を遅らせることができます。

コーティングにも種類があり、

  • ガラスコーティング
  • ガラス系コーティング
  • フッ素コーティング
  • ワックス

などなど。。。

花粉に一番効果的なものがどれ、ということはありません。

とにかく塗装面に直接花粉が乗ることを防ぐことが重要なのです。

強いて言うなら、ガラスコーティングやガラス系コーティングは被膜が

その他の二つに比べて強いため、おススメします。

プロショップでコーティングを施工してもらう

愛車のコーティングを自分で施工する自信がなかったり、

時間が無いという方は、当社のようなプロショップで

コーティングを施工してもらうようにしましょう!

ただ、コーティングを施工したからといって、

何もしなければコーティング被膜を通りこして、

塗装面に影響を及ぼしてしまいます。

コーティングを施工することで、花粉の固着を防ぎ、

悪影響を弱めたり、進行速度を遅くする効果は確実にあります。

得洗隊では、手洗い洗車だけでもご利用いただけます。

>>手洗い洗車の詳細はこちら
※得洗隊の別サイトが開きます

>>花粉が固着してしまったら、こちらの記事をご覧ください。

コーティングのお見積り・ご相談も受付中!
お気軽にご連絡ください