ガラスコーティングを施工した後に絶対にやってはいけない5つのこと

ガラスコーティングは決して安いものではありません。

せっかく良いコーティングを施工しても間違ったお手入れなどをしていてはもったいない。。。

絶対にやってはいけないことをご紹介していきたいと思います。

レクサス

 

コーティング施工車で「絶対にやってはいけない」5つのこと

さっそく絶対にやってはいけない5つのことを一つ一つご紹介していきます。

1 洗車をしない

時々勘違いされているお客様がいらっしゃいます。

「ガラスコーティングしておけば雨で汚れが落ちるから洗車しなくて大丈夫でしょ!」

こんなことは絶対にありません!!

これはどれだけ高価なコーティングを施工していても、お手頃なコーティングを施工していても同じです。

洗車をしなくて良いコーティングはあり得ません。

大気中には微量の油分や微細な汚れなど様々な物質が浮遊しています。

こういったものが付着して、少しずつ蓄積させれていくにも関わらず、洗車をしなければ、コーティングの被膜から侵されていき、塗装も侵されていってしまいます。

汚れたままのボディを放置している期間が長ければ長いほど、ウォータースポットが取れなくなり、虫の死骸や鳥フンなどが付着していれば、塗装面も浸食し、再塗装しなければならない状態になってしまいます。

 

当社をご利用いただくお客様には、

『「洗車をしない」ということは絶対にしないでください。手洗い洗車がベストですが、どうしても時間が無い、面倒、などといった時には最悪洗車機を使ってでも洗車をお願いします。』

とご説明させていただいてます。

 

洗車機で付いたキズは研磨で落とすことができます。洗車をせず、放置した場合、再塗装しかなくなってしまいます。

研磨で洗車キズを落とす金額と塗装をし直す金額では、数十万円の差があります。

洗車は最低でも、月に1回はするようにしましょう!

洗車(拭き上げ)

2 カーシャンプーを使用せずに洗車する

巷で「ガラスコーティング施工後は水洗いだけで良い」とよく耳にします。

これは間違いです!!

当社では以前から「洗車には絶対にカーシャンプーを使用してください」と一貫して言い続けています。

詳しくはこちらの記事もご覧いただければと思います。

 

カーシャンプーを使用することでボディの洗車キズを大幅に軽減することができるのです。

逆に言えば、カーシャンプーを使用せずに水洗い洗車をすれば、洗車キズがついてしまいます。

絶対にカーシャンプーを使用して洗車しましょう!

 

3 「水あか落とし」や「撥水」カーシャンプーで洗車する

先述の通り、カーシャンプーを使用して洗車を行います。

ただ、「水あか落とし」や「撥水」などの文言があるカーシャンプーを使用して洗車するのは避けましょう!

理由は、以下の通りです。

「水あか落とし」はコンパウンドや余分なクリーナー成分などが配合させれていることが多く、コーティング被膜の性能を落としてしまう可能性があります。

「撥水」は撥水をさせるための成分が配合されています。その成分はガラスコーティングが撥水になる成分とは別のものの可能性が高いため、コーティングの性能を落としてしまう可能性があります。

このようにカーシャンプーなら何でも良いということではなく、コーティングを施工したら、カーシャンプー選びにまでこだわるようにしていきましょう!

 

もし、ご自身が使用しているカーシャンプーが問題ないものなのか不安な場合には、コーティングを施工してもらった店舗に確認しておきましょう^^

 

4 鳥フンや虫の死骸、花粉などを放置する

こんなことしてませんか??

  • 鳥フンが落ちてるのに気づいたにも関わらず、時間がないから放置
  • 夜間、高速道路を走行して虫の死骸がタップリ付着したが、手洗い洗車する時間がないから放置
  • スギ花粉の時期にボディが黄色く見えるくらいの状態で雨が降り、その後も洗車せずに放置

鳥フンや虫の死骸、花粉などの「生物系の汚れ」は絶対に放置禁止です!

どれも放置してしまうと、コーティング被膜を侵食し、塗装面も浸食してしまうほど強力です。

「手洗い洗車をしなければ」との縛りから時間が無いから時間の取れる時に手洗い洗車と一緒に取ろう、などと考えていると取り返しのつかないことになることもあります。

手洗い洗車の時間が取れないなら、洗車機を使用してでも洗車をしてキレイにしておきましょう!

それぞれの場合の対処方法などを別の記事でご紹介しています。一緒にご覧ください。

 

5 ワックスを使用する

ガラスコーティングを始めて利用されるお客様などに聞かれることがあります。

「ワックスを使っても大丈夫ですか?」

ワックスは必要ありません。というよりもワックスは使用してはいけません!

昔から車を洗車したりするのが趣味の方などはワックスの独特のツヤが好き、という方もいらっしゃいます。

ただ、ガラスコーティングはワックスとは全く性質が異なることがほとんどです。

そのため、ほとんどのガラスコーティングはワックスとは相性が悪く、ワックスを使用してしまうと、表面の性能はワックスの性能になってしまいます。

もし、どうしてもワックスを使用したい場合にはガラスコーティングを使用せずにワックスだけを使用することをおススメいたします。

 

まとめ

ガラスコーティング施工車で絶対にやってはいけないことをまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

ガラスコーティングは性能は優れています。

ただ、日ごろのお手入れは欠かせないのが現状です。

ガラスコーティングを施工しているけど、お手入れの方法が正しいのかわからないという場合、施工店にご相談するのが一番です。

そのためにもしっかりとした知識を持ち合わせている施工店を利用することをおススメいたします。

できれば専門店での施工が一番確実なのではないでしょうか^^

 

カーコーティングで迷ったり、困ったら、お気軽にどうぞ

カーコーティングのプロがあなたの質問にお答えいたします