新車時にディーラーではなく専門店でガラスコーティングをするべき4つの理由

アウディTT・ナノフィル施工中・研磨風景

新車を購入する時ってドキドキ・ワクワクしますよね^^

人生で家の次に大きな買い物となる方が多いのではないでしょうか。

「これからどんなパーツを取り付けよう」

「どこにドライブ行こうかなぁ^^」

「せっかくの新車だし、ぶつけないように気を付けないと!」とか考えてしまいますよね。

でもこんなこと考え持ってませんか??

これ全て間違った認識です!!

  • 新車はピカピカだし、小まめに洗車してればコーティングなんて必要ないでしょ。
  • 新車はキレイだから、2年くらいして汚れてからコーティングしてもらえば良いよね。
  • ガラスコーティングを専門店でやってもらおうと思ったけど、ディーラーでサービスしてくれるからディーラーでやってもらっても同じでしょ。
  • コーティングなんてディーラーでも専門店でも同じでしょ。

どうしてこれが間違えているのか。

ご説明していきたいと思います。

新車にガラスコーティングは必要なのか?

新車でもガラスコーティングは必要です。

むしろ新車だからこそ、ガラスコーティングを施工しておくべきです!

先述の通り、こんな認識の方も多いのではないでしょうか。

  • 新車はピカピカだし、小まめに洗車してればコーティングなんて必要ないでしょ。
  • 新車はキレイだから、2年くらいして汚れてからコーティングしてもらえば良いよね。

塗装は小まめに洗車していれば、ある程度キレイな状態を維持することはできます。

ただ、少しずつ水あかや鉄粉などが蓄積していきます。

この最初は目に見えないレベルでの蓄積が、徐々に目に見える蓄積になってしまいます。

そして、何より、塗装は紫外線の影響で色あせます。

そんな色あせを防ぐことができるのが、ガラスコーティングです。

当然、100%完全に防ぐことはできませんが、色あせを遅らせることは確実にできます。

ボディの色とバンパーの色が違う車を見かけることもありますよね。

これも色あせによるものです。

新車から数年経過してから、磨いてもらってコーティング施工してもらえば良い、という点に関しては、こんな風に考えてみてください。

塗装は車の一部で、高額な車の財産でもあります。

それを磨く、ということは「財産を削っている」、とも言えます。

これは極端な表現かもしれませんが、塗装を必要以上に削ってしまうのは、将来的に本来必要無かったはずの塗装し直しをすることとなり、余計な出費と、手放す時の査定額ダウンの材料にもなってしまいます。

新車時は塗装の良い状態を保つことで、財産の価値を残すことにも繋がるのです!

どうでしょうか?あなたの認識は合ってましたか?

新車からプロショップでコーティングをするべき4つの理由

金銭感覚が鈍っている

車は家の次に高い買い物とも言われています。

数百万円の買い物の中で、10万~20万円くらい上乗せされてもあまり大きく感じません。

一般的にはローンを組む方がほとんどで、合計金額で考えてしまうため、普段なら高いと感じる金額も数百万円の中では小さく感じ、そのままローンを一緒に組んでしまうのです。

この気持ちを抑えて、車体は車体で購入して、コーティングはプロショップに持ち込むことで、正確な金銭感覚で判断することができるようになります。

実は新車は小キズだらけ

新車だからキズもなく、キレイなボディ!なんて思ってませんか?

新車とは言え、全ての車を屋根の下で大切に保管しておくことは物理的に不可能です。

また、新車のディーラーでもメーカーの直営店は少なく、ほとんどが販売会社が各メーカーの看板で販売しています。

イメージとしては、コンビニやガソリンスタンドのようにフランチャイズに近い形で運営しています。

長期在庫のものなども有り、ウオータースポットになっていることもあります。

こういった状態の車を専門家では無い方が下地処理をして、コーティングを施工しているケースが多いのです。

プロショップなら専門家の目で塗装の状態を確認しながら、最適な状態でコーティングを施工できます。

新車時の小キズなども落してからコーティングを施工するので、コーティングの耐久性が向上します。

せっかくお金をかけてコーティングを施工するならどちらが良いでしょうか?

専門家にコーティングの相談ができる

コーティングにも種類があります。

それをお客様の乗り方や保管方法などを確認した上で、最適なコーティングが選ばれるべきです。

こういった知識をプロショップは持ち合わせています。

コーティングの知識が十分にある方であれば、関係ないかもしれませんが、こういったことからもプロショップを選ぶことをおススメしています。

専門店だからコーティングのアフターフォローができる

ディーラーでは整備などのアフターフォローはできても、コーティングのアフターフォローまでできているお店が少ないのが現状です。

専門店なら半年後や1年後のコーティングのメンテナンス、日頃の洗車なども受け付けることができ、それを利用することで、コーティングの状態を店舗側も把握できるため、問題があったときにすぐ対応ができるのです。

当店ではこのようなメンテナンスを承っています。

プロショップでコーティングする上での欠点

ここまで新車からコーティングのプロショップにお任せしたほうが良い理由を説明してきましたが、1点どうにもならない欠点があります。

それは支払い料金の点です。

購入したディーラーさんでコーティングを一緒に施工すれば、ローンに一緒に組み込むことができ、一度に支払わなければならない負担額を減らすことができます。

購入後にプロショップで施工するとこれができなくなる、という点です。

ただ、この欠点も前述の通り、考え方次第です。

あなたはどのように考えますか??

コーティングのお見積り・ご相談も受付中!
お気軽にご連絡ください