カーコーティングの撥水と親水ってどっちがいい?

よく「撥水のコーティング」と「親水のコーティング」どっちが良いの?

こういった質問をよく耳にします。

答えは、車の保管環境や使用方法や好み次第で異なる、ということになります。

撥水コーティングと親水コーティングの特徴

最近では、単純に「撥水」「親水」という呼び方だけではなく、様々な呼び方をされています。

撥水系

  • 撥水(はっすい)
  • 滑水(かっすい)
  • 超撥水(ちょうはっすい)
  • 超滑水(ちょうかっすい)

親水系

  • 親水(しんすい)
  • 低撥水(ていはっすい)
  • 疎水(そすい)

これらは、明確に一般的な定義があるわけではありません。

各メーカーで呼び方の定義は設けていますが、一般的なものは存在していません。

以下では、上記の撥水系のものを「撥水」とし、親水系のものを「親水」というくくりにしておきます。

撥水コーティングの特徴

撥水コーティングは雨などが水玉になり、転がり落ちていきます。

コロコロとした水玉になるため、撥水はこの水玉のレンズ効果が原因でウォータースポットになりやすい、と言われています。

接触角が80度以上のものが撥水と呼ばれ、150度以上で超撥水と言われています。

親水コーティングの特徴

親水コーティングは水玉にならず、広がった状態でだら~っと落ちていきます。

そのため、レンズ効果も起こりにくく、ウォータースポットになりにくいと、言われています。

水接触角が30度以下で親水、10度以下で超親水と言われています。

こういった特徴から、濃色車は親水コーティングでウォータースポットを防ぎ、淡色車は撥水コーティングで撥水させる、ということも言われています。

ただ、本当にそうでしょうか??

「撥水」と「親水」の実状

得洗隊はこう考えています。

どちらのコーティングも施工した直後、ホコリも汚れも乗っていない状態であれば、それぞれの前項のような特徴通りになります。

それでは、時間が経過し、ホコリが乗った状態の場合、以下のような状況が考えられます。

ホコリや汚れが乗っていると、親水コーティングでも雨が降れば水玉になります

ホコリや汚れが乗っていると、撥水コーティングは水玉が転がりづらくなります

もし、そのまま放置しておけば、親水コーティングでもウォータースポットになります

最終的には、洗車をこまめにするか、しないか、という問題になってしまいます。

少し話しがずれてしまいますが、愛車を大事にするがために手洗い洗車にこだわっているものの、時間がなく洗車をしないくらいなら、洗車機に入れてでも小まめに洗車をしたほうが良いと考えています。

理由としては、ウォータースポットや鳥糞の浸食などは、深くなればなるほど、落としにくくなり、塗装の奥深く入ってしまうと落とせなくなってしまいます。ただ、洗車キズであれば、コーティングの下地処理の際の研磨でも落とすことができるからです。

関連記事

愛車のボディに鳥の糞(フン)が。。。こんな時の対処方法とボディへの影響

鳥フンが及ぼすボディ(塗装面)への影響 ほとんどの方が鳥のフンの被害を受けたことが一度はあると思います。   「運(ウン)」が付いて良いこと、と捉えるのが良い…

放置は危険!虫の死骸しっかり取り除いてますか?車に付着した虫の死骸の取り方

夏場などの夜間走行時、大量に付着してしまう虫。これを放置してしまうのはとっても危険!虫がついてしまった後に取り除く際のポイントや、放置しないための3つのポイント…

レベル別!花粉跡を取り除くための4つの方法・春になると繰り返す、花粉シミ

毎年スギ花粉の時期になると、愛車のボディにシミができたりしていませんか?その原因は花粉に含まれる物質が原因かもしれません。レベル別で解説

撥水をオススメするケースと親水をオススメするケース

細かな条件などは置いておくとして、極論で言えば、以下のようにおススメいたします。

毎日のように車を使用する場合 → 撥水コーティング

週末しか車を使用しない場合 → 親水コーティング

極端な話しではありますが、もし撥水か親水かで困ったら、思い出してみて下さい^^

参考までに、ボンネットに異なるコーティングを施工してみました。

①はスタンダードコーティングの撥水タイプ

②はプレミアムコーティングの撥水タイプ

③はプレミアムコーティングの親水(低撥水)タイプ

施工して1週間後に雨が降ったので、雨が上がり直後に近所を時速40kmくらいで2キロくらい走行してみました。

撥水コーティングと親水コーティングの実験

その直後の写真になります。

どう感じますか?判断はそれぞれでお願い致します。

得洗隊の撥水コーティングと親水コーティング

プレミアムコーティングは撥水・親水の両方をお選びいただくことができます。

こういった使い勝手や性能、価格面などの総合評価でプレミアムコーティングが一番人気となっております!